地デジとは|地デジアンテナ工事はきちんと業者に依頼することが大切!

テレビを見るなら地デジアンテナ工事を依頼しよう

電波が重要

テレビを見るには、地上デジタルの電波が必要です。その電波を受信するアンテナについての情報や、取り付けを行う際におすすめの方法をご紹介します。

地デジとは

女性

地デジの電波を受信する

テレビは、地上デジタル放送、いわゆる地デジの電波を受信しなければ視聴することができません。家の屋根の上にアンテナを設置することで、地デジの電波を受信し、テレビでさまざまな番組を見ることができるようになるのです。

新築の場合

新築を立てる際は、生活に必要な様々なものを揃えます。しかし、忘れがちなのが地デジのアンテナです。このアンテナがなければテレビを買ったとしても見ることができないので、きちんと業者に依頼し、地デジアンテナ工事をしてもらう必要があります。

電波の届かない地域では

地デジアンテナ以外にも光ファイバーを利用したりすることで視聴することができる場合もありますが、電波塔からの電波が遮断されてしまう地域以外の場所では毎月料金が発生してしまうのでおすすめできません。山や森などの電波が届かない地域以外では、きちんと地デジアンテナを取り付けてテレビを視聴するというのが一般的な視聴方法です。

地デジアンテナのさまざまな疑問にお答えします

地デジアンテナの種類は?

一般的な地デジアンテナは、「八木式アンテナ」です。八木式アンテナは魚の骨のような形をしており、価格は4000円前後です。サイズも大きいものが多く、自分で取り付けるととても危険なので、きちんと業者の方に地デジアンテナ工事を依頼して取り付けてもらいましょう。

アンテナをすっきりと見せたい場合は?

すっきりとしたデザインの「デザインアンテナ」という種類の地デジアンテナがあります。アンテナなのでサイズは大きいですが、薄型でスマホのような形をしており、黒や白の他にも色が選べるものです。しかし、風などに弱いため、外壁やベランダなどに取り付けます。屋根よりも電波を受信しづらいので、そのような場所に自分で取り付けた場合、上手く電波を受信できない可能性があります。そうならないためにもきちんと業者に依頼しましょう。

テレビの映りが悪い場合の対処法は?

テレビの映りが悪い場合は、地デジアンテナ工事を行っている業者に見てもらうことも可能です。専門知識のある方なら、何が原因なのかしっかり調べてくれ、対応してくれるので安心してお願いすることができるのではないでしょうか。

天気が悪いときにテレビの映りが悪くなる原因は?

天気が悪い日や風が強い日にテレビの映りが悪くなるという方も多くいるのではないでしょうか。この原因は、アンテナの設置強度が弱いというもので、きちんと設置し直すことで揺れを抑え、対処することができます。この場合も専門知識のある業者の方に依頼することをおすすめします。

ケーブルテレビから地デジアンテナに乗り換えたい場合は?

ケーブルテレビから地デジアンテナに乗り換えたい場合は、面倒な手続きはありますが、上手くキャッシュバックなどを使えばお得に乗り換えをすることができます。ケーブルテレビの場合は毎月支払いが発生しますが、地デジアンテナの場合は初期費用だけで済むので、おすすめです。地デジアンテナを検討している方はさまざまな業者から見積もりを取って比較し、お得に乗り換えや取り付け工事を依頼してみてはいかがでしょうか。

広告募集中